このページの本文へ移動

[FUJITSU Managed Infrastructure Services] 企業の新たなICT基盤 次世代のデータセンター

富士通データセンターご紹介

データセンターアウトソーシング

富士通のデータセンターアウトソーシングは、クラウド含めた豊富なメニューよりお客様に最適なサービスを組み合わせてご提供。最先端のセキュリティと堅牢な設備を備えた日本国内データセンターとグローバルデータセンターでお客様システムを運用。高い品質でお客様を支え続けます。

サービス内容の詳細

世界100拠点以上で稼働するデータセンター

10年連続国内市場No.1(注)。全世界100拠点以上。サーバ監視 24時間365日、稼働サーバ台数 44,000台。

データセンター紹介

(注)出典:IDC Japan, 国内ITサービス市場シェア、2015年(JPJ40599316)

館林・明石データセンターに新棟を建設

IoT(注)やクラウドビジネスを加速させる中核拠点として、主力データセンターである館林データセンター、および明石データセンターに新棟を建設しました。館林データセンター新棟(C棟)は2016年4月に、明石データセンター新棟(F棟)は2016年7月にサービス提供を開始しています。

(注)Internet of Things(モノのインターネット)。様々なモノに通信機能を持たせ、相互制御や遠隔計測を行うこと。

ハイブリッドクラウドや各種サービス連携を実現する次世代データセンター

富士通データセンターでは、様々なインフラやサービスを用意しており、インフラの監視やキャパシティ管理、リプレイスなどに手間をかける事なく、短納期で容易にご利用いただけます。また、サービスの継続的なエンハンスにより、常に最新の環境をご利用いただけます。

2016年4月に開設した館林新棟(C棟)など当社主要データセンターは、全国の当社データセンターや当社クラウドサービスと接続可能な閉域ネットワークを標準装備し、ハイブリッドクラウド活用のニーズにスピーディーに対応します。

詳細を見る

[富士通のデータセンター]SaaS、仮想デスクトップ(DaaS)、パートナークラウド、ネットワークサービス、ファイルサーバ、プライベートクラウド、パブリッククラウド

主要データセンター間を高速ネットワークで相互接続

高速ネットワークにより主要拠点間を接続し、構内LAN接続イメージでデータセンター間連携を実現します。 富士通センターに対して遠隔地にバックアップを置くなど、東西センターに分散するロケーションを活用したDR構成が可能です。
また、富士通の提供するサービス基盤を各センターから利用できるなど、富士通ならではの利便性が、多様なニーズにお応えいたします。

データセンター紹介を見る

[データセンター間ネットワーク]館林、横浜、東京、明石、大阪千里

サービスマネージャーが改善提案と工数削減をサポート

担当サービスマネージャーがお客様システムの状況・変化を把握し、継続的に改善提案を実施します。またリスクチェックツールでトラブルの未然防止に努め、インシデント対応を適正化することで、管理者の工数を大幅に削減します。

【効果実例】

  • お客様システム管理者の工数50%削減
  • インシデント数を約80%削減

サービスマネジメント技術を見る

様々な業種で5,000件を超える豊富な実績

多業種での実績

業種ごとに異なるニーズを的確にとらえ、最適な基盤環境を構築。様々な業種で導入されています。

金融業、製造業、流通業、建設業、サービス業、情報通信業、医療、官公庁

5,000件を超える運用実績

(注)2015年1月時点

導入事例 株式会社アサツー ディ・ケイ様

データセンター内で基幹系サーバとクラウドのハイブリッド環境を構築。

導入事例

富士通の「データセンターアウトソーシング」をさらに詳しく知りたい方は

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)