このページの本文へ移動

人と人とをつなげるネットワークソリューション
コミュニケーション

強い会社へ生まれ変わるための、シームレスなコミュニケーション基盤

いつの時代も、意思決定の早さは、そのビジネスの成否に大きく影響してきました。
情報戦が加速化する現在、良い情報を得るだけでなく、その情報をいかに早く共有、活用するかが更に企業に求められています。
富士通は、最新のICTにより、お客さまの既成の情報伝達ツールの壁を取り除き、今まで以上の社内活性化をお手伝いします。

よくある課題

  • メールが多すぎる

    一日百通を超えるメールを受信。
    メール対応に時間をとられて本来やりたい業務が進まない

  • 会議のための準備や移動が大変

    関係者の日程調整や、 会議室の確保、会議参加のための移動などに多くの時間をとられている

  • 自分の席にいないと連絡が取れない

    社外にいる相手への連絡が取りづらい(携帯電話への入電しか方法がない)

コミュニケーション変革は富士通にお任せください

人と人、人とシステムを最適な手段で結びつけ、ビジネスの多様化、スピードや生産性向上を支援します。

解決策様々な意思疎通手段を連携させ、相手の状況に会わせた最適な連絡手法を選択できる、全社で統一されたコミュニケーション基盤

電話等のコミュニケーションツールと認証基盤、リモートアクセス環境を整備、統一し、ユーザ利用の活性化と手間を削減、管理者側においても運用負荷の軽減を実現します。
例えば、電話をする前にプレゼンス(在席情報)を確認し、代わりにメッセージを送付する等、有効なコミュニケーションの選択を増やすことにより、費用削減、作業効率化を図ります。

製品のご紹介

コンサルから運用までをサポート

コミュニケーション基盤導入実績例

事例1富士通グループ
グローバルコミュニケーション基盤により社員コミュニケーション活性化!

富士通は2012年より、多様なコミュニケーションがシームレスに連携し、かつ、統一された操作感で利用できる基盤を全社に導入し、効率的なコミュニケーションを実現しています。

グローバルコミュニケーション基盤

社内実践のノウハウをもとにして、企画・検討段階のコンセプト企画から、設計・導入、更にはワークスタイル変革の定着化までトータルでご支援します。

事例2スクウェア・エニックス様
ワークスタイル変革を実現する次世代コミュニケーション基盤

自席PC上でのFace to Faceの会議など、適材適所のデバイスでコラボレーションを活性化。
「統合コミュニケーションサービス」で、生産性の向上とコスト削減を図っている。

統合コミュニケーション

様々なコミュニケーション手段をIPネットワーク上で統合し、シームレスで最適なコミュニケーションを実現します。
迅速な意思決定など、新しいワークスタイルを実現します。

コミュニケーションサービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)